エアコンの室外機が対策をしてもすぐ凍るのは冷媒ガスの不足が原因です。

 冬季に暖房として使用するエアコンの効きが悪く、点検をすると室外機が凍っていることがあります。
 屋外に設置されたエアコンの室外機は、気温が低いとある程度霜がつくのは正常です。放置しても自動で霜取運転を行い霜が除去されます。
 しかし、室外機が雪に埋もれる。空気の通りを遮っている。など、大きな原因が無いにも関わらず、電源を入れると直ぐ霜が発生し、直に大きく凍り付く場合があります。
 これは冷媒ガスが不足したことで室外機のアルミのフィンの冷え方に斑が発生していることが原因かもしれません。
 冬の雪が降る時期にエアコンの室外機を放置すると、雪が室外機の上や周囲に積もることがあります。
 室外機の上に積もった雪は、融けて滴った水が室外機内部や周りに凍り付く。
 室外機の正面や裏側。側面に積もった雪や吹き込んで付着した雪は、風の通りを妨げることで凍り易くなります。
 このため、降雪時には室外機周囲の除雪が必要となります。
 また、屋外の気温が日中でも低いと、エアコンの使用時に凍り付いた氷や霜がエアコン停止中に自然解凍されないため、エアコンを再び使用する際に氷が大きく成長し易くなります。
 このため、単に室外機を見て凍結しているだけでは原因の推測(故障による修理が必要か)は難しいです。

 室外機が凍り付く状態が正常かを素人目で判断するためには、室外機の周囲の除雪を行い、室外機の氷が全て溶けている状態でエアコンを使用して氷の発生状態を見る必要があります。
 冷媒ガスが不足している場合、電源を入れて直ぐ(見る間)に一部分が凍り付き始めます。その後も氷がどんどん成長していきます。仮にこの氷を溶かしてみても、再び同じ状態へと繰り返します。

 これは冷媒ガスが不足して冷房使用時に室内機が凍るの同じ現象で、暖房運転により動作が逆転しているため凍るのが室外機となっているだけです。

 当家でも冷媒ガスが不足し冷房時に室内機がすぐに凍るため修理を行いましたが、その前の冬では室外機が常に凍り付き、暖房の効きが悪く寒い冬を過ごしました。
 夏に冷媒ガスを補充したこの冬では、室外機に薄っすらと霜がつくことがありますが大きな氷となることなく、明らかに暖房の効きが良くなっています。

 エアコンの冷媒ガスが不足しているかの診断は素人では出来ないため、室外機に目立った原因がなく、直ぐ凍る場合には業者による点検依頼の検討をしては如何でしょうか。

エアコンの冷媒ガスが不足した時の過去記事 >
エアコンの室内機が冷房ですぐに凍るのは、冷媒ガスが抜けて不足することで冷え方に斑がおきるためです。
関連記事

コメント

非公開コメント

人気ページランキング