壁紙・クロスのひび割れや隙間は、新築時の保証期間や火災保険の補償で直すことができる場合があります。

クロスのひび割れ
 季節の変化など湿気と乾燥に晒される家は、建材に使用される木材や内装の壁紙が伸縮を繰り返します。この他、地震や通行車両の振動等でもひび割れや隙間が発生します。
 特に新築時には伸縮が大きいことから壁紙の皺の発生や、コーナー部に隙間が発生します。新築の保証期間であれば手直しによる修繕を受けることが出来ます。
 壁紙・クロスの皺。ひび割れや隙間は日常生活に支障がなくても非常に目立ちます。
 特に自身に過失がないにも関わらず発生したものは、他者にとって些細なものでも気になるものです。
 しかし、壁紙・クロスの外注による修繕では相応に費用も必要となります。

 壁紙・クロスの補修では、新築時の保証期間内による保証の他、火災保険の「不測かつ突発的な事故」の補償が付帯され、該当する場合には補償を受けて直すことが出来ます、
 しかし、壁紙・クロスのひび割れや隙間が発生し易い地震では、地震保険に加入していても基本的(家の工法による例外を除き)に補償の対象とはなりません。


 保証や補償について詳しくは、
 家を建てる>家の修理と修繕>壁紙・クロスの補修
 >壁紙・クロスの保証、火災保険・地震保険の補償
関連記事

コメント

非公開コメント

人気ページランキング