壁紙のひび割れは内装用コーキング材で目立たなくなり、また室内の気密性を保つことが出来ます。

壁紙・クロスのひび割れの補修
 壁紙にできるひび割れは下地の石こうボードがズレることで発生し、隙間ができるだけでなく見た目が目立ちます。
 壁紙を張り替えての補修は高額となりますが、内装用コーキング材で補修することで目立たないようにすることができます。
 内装用コーキング材は多くの色が販売され、壁紙あった色がホームセンターに市販されています。
 このため、色合いが目立たない類似色を入手することも容易です。
 類似色さえあれば丁寧に施工することで、ひび割れをかなり目立たないようにすることが出来ます。
 施行ではコーキング材の凹凸が出来ないようにし、周囲の壁紙部分とコーキング材が目立たないように上手く馴染ませることが重要。
 慣れるとひび割れ1か所あたり、10分ほど補修することが出来ます。
 また、費用もコーキング材が500円程度で家中のひび割れや隙間の大半を直すことができます。

 ひび割れの補修詳しくは、
 家を建てる>家の修理と修繕>壁紙・クロスの補修
 > 壁紙・クロスのひび割れの補修
関連記事

コメント

非公開コメント

人気ページランキング